私の友人は婚活で運命の人と出会いました。

 

彼女は「家庭を持つこと」が一つの夢であり、そのための行動として婚活をしました。婚活に登録してお見合いするのは、お互いに一度だけ話してまた会いたいと思ったら、一旦仮のお付き合いという形になります。その後、何度かデートを繰り返して印象が良かったら本当のお付き合いに移ります。仮のお付き合いは数人いてもよいそうです。しかし、この本当のお付き合いに至るまでがとても長いそうです。自分は気に入っても一度だけのお見合いで仮のお付き合いに繋がらないことが繰り返されると自信をなくすこともあるそうです。何度もおやすみしようと考えたこともあるそうですが、本来の「家庭を持ちたい」という夢に立ち返り、奮起していました。そん中、たまたまお見合いした方がいて、誠実そうではあったようですが、タイプではなかったと言います。しかし、まずは仮のお付き合いからとしてみたところ、彼が彼女を気に入って猛アタックが始まりました。最初はタイプではないからと少し引いていた彼女ですが、だんだんと彼の誠実さに惹かれてめでたくゴールインしました。あとから聞くと、彼は理想に本当に近い方だったそうです。

 

婚活をへて彼女が言うには、とてもしんどいこともあったけど、それがあったからこそ出会えた。そして婚活を通して、お見合いやデートで必要とされるコミュニケーション力を磨くことの大切さを教えてもらえたことも本当に財産ですと。

 

コミュニケーション力は結婚してからも大切なことです。素敵な婚活会社に出会えたことも彼女の運かもしれません。